暗くなったベテルギウス:ちりと温度低下が原因

今朝の新聞のタイトルである。

このブログでも取り上げたベテルギウスの大減光の原因についての研究の記事である。

フランス国立科学研究センターのグループは欧州南天天文台の超大型望遠鏡(VLT)での観測からこの減光はベテルギウスの南半球に大量にちりが放出されたことと同じく南半球の表面温度の一部が低下したことによると結論づけた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です