秋の雰囲気:写真三題

久振りでカメラ持参で散歩に出た。秋らしい雰囲気の写真が撮れたので載せておく。

放送大学の前庭に咲いていた彼岸花。バックは放送大学の建物。

金属材料研究所の敷地内にあるプラタナスの木。幹の木肌が印象的な木である。

片平市民センターの広場に咲いていたコスモス。バックは広瀬川。

朧「仲秋の名月」

昨日(10月1日)は満月で仙台でも「仲秋の名月」が見えたが、時折雲がかかり朧の満月になった。それはそれで面白いと思ったので写真に収めた。

朧「仲秋の名月」

2020年「視点」第45回展作品集

今日の新聞の読書欄に表題の写真集の案内が載っていた。

プロ、アマの区別なく自由なテーマで応募できる写真展「視点」。その2020年入賞・入選作品を収録した写真集である。その一部はここで見られる。今回視点賞を受賞したのは組写真「止まったままの時計ーフクシマ」(「6人の目の共同制作で、モノクロ写真6枚)である。新聞ではその内の1枚(本木進撮影)の相馬の馬の写真が掲載されていた。何かをうったえるような硬い馬の表情が印象的な写真である。この組写真は6人が9年前から記録してきた中から生まれた作品の由。

ソニーRX10M4の高速動画

このカメラは動画も撮れる。しかも高速に動画を撮れる。通常の動画はフレーム・レートが60fps(つまり一秒間の60コマ)であるが、このカメラはその16倍、つまり960fpsの高速で動画が撮影できる。このようなフレーム・レートであると1000分の1秒のシャッター速度であるのでレンズはf2.4と比較的明るいがそれでも撮影には明るい環境が必要になる。

試みた撮影は以下に示すが撮影は晴天の日の屋内である:

表示動画はオリジナルを20%に圧縮したものである。もちろん再生は通常のヴィデオのように60fpsである。

 

ソニーRX10M4で動画を撮影してみる

RX10M4で動画を撮影してみた。このカメラでの動画は4K(4840X2160)やHD(1920X1080)の高画質の動画が撮影できる。
メニュでフレームレート(一秒間のコマ数、典型的には一秒60コマ(60p)、pはプログレッシヴ・モードの略、iというのもあり、こちらはインターレース・モード、これは1フレームの奇数行を送り、次のフレームでは偶数行を送る方式で一つの画面になる。こちらのほうが技術的には面白い)やビットレート(ピクセルごとの色情報の精度、典型的には50Mbps、高いほど色情報の精度は高くなる)を設定できる。
ハイビジョン(HD)の大きさで60p,50Mbpsで撮影した例を下に示す。

30秒程度の撮影であるが、ファイルは180Mbの大きさになる。インターネットで公開するファイルとしては大きすぎるのでオリジナルを圧縮したFreeVideoCompressorなどのフリーソフトがそれに使える。今回は7.35Mbまで圧縮したものを使った。

RX10M4の動画撮影にはハイスピード撮影モードもあるので次回はそれを試すことにしたい。

新年の朝(2020年)

「元朝まいり」の真似ごとで大崎八幡宮にカメラを持って行ってみた(1月4日)。そのときの写真を一枚:

大崎八幡宮の朝