熟旨(じゅくうま)と曙光(しょこう)

熟旨(じゅくうま)と曙光(しょこう)も台所にあった食品に付けられていた商標である。

熟旨にはかなが振ってあって「じゅくうま」と読ませる。曙光は「しょこう」とかなが振ってある。

曙光(しょこう)が音だけで読ませるのに対して、「熟旨(じゅくうま)は最初の漢字は音で、二番目は訓で読ませる。じゅくうま」はいわゆる重箱読みである。熟旨は音だけで読むと「じゅくし」となる。こちらの方が美味しそうかな。

Pythonでマクロ(11):ダイアログとフォーム

このシリーズの最終回である。

LibreOfficeのユーザインタフェースとしてダイアログとフォームがある。

「日付フィールドに日付を入力して<Enter>キーを入力するとその日付の年・月・日がシートに代入される」

これをCalcの画面に付けたフォームで行うときまマクロは以下のようになる(これは日付フィールドの「キーを押したとき」のイヴェント処理である):


#coding: utf-8
import uno
import screen_io as ui
row=0
doc = XSCRIPTCONTEXT.getDocument()
ctrl =doc.getCurrentController()
sheet = doc.Sheets[0]
form = sheet.DrawPage.Forms[0]
datef1 = form['datefield1']

def keyPressed_macro(event):
  global row
  k = event.KeyCode
  c = event.KeyChar.value 
  mods = event.Modifiers
  # mods are additive
  # 0 - None
  # 1 - Shift
  # 2 - Ctrl
  # 4 - Alt
  # 8 - Super_R
  print(k, c, mods)
  if k == 1280:  #Enterキー
    #print(datef1.IsDate)
    year = datef1.Date.Year
    month = datef1.Date.Month
    day = datef1.Date.Day
    #表への書き出し
    row+=1
    print(row)
    print(year, month, day)
    sheet.getCellByPosition(0,row).Value=year
    sheet.getCellByPosition(1,row).Value=month
    sheet.getCellByPosition(2,row).Value=day

  return

実行画面

シートとフォーム

同じことをダイアログで行う例はここにある。

【まとめ】

  • フォームもダイアログのためのマクロは同程度の手間で作れる。
  • フォームはシートの一部として配置できるが、ダイアログは別窓の表示となる。
  • フォームの位置は固定。ダイアログは移動可。従ってフォームを何処に配置するかを配慮する必要がある。
  • ダイアログは要らないときは邪魔になる。起動のタイミングを考慮する必要がある。
  • 不要になつたダイアログは画面上から消せるが、フォームはできない。
  • ダイアログは様々な部品を配置するインタフェースに向いている。

Pythonでマクロ(10):マウスのイヴェントを処理する

セル上でマウスをダブルクリックする前回のイヴェントの作例ではマウスのイベントの監視はLibreOffice側で行うようになっていた。今回はそこの部分もマクロで行うようにした。

マウスのボタンが押された・放されたというイヴェントは親クラスXMouseClickHandlerを使う。このクラスにはmousePressedとmouseReleasedメソッドが定義されているのでこれを再定義して使う。

作例の意図は「セル上でマウスの左ボタンをダブルクリックするとそのセルの背景色は赤になる」である。

【マクロ】


#coding: utf-8
import uno
import screen_io as ui
import unohelper
from com.sun.star.awt import XMouseClickHandler
from com.sun.star.awt import MouseButton

class MouseClickHandler(unohelper.Base, XMouseClickHandler):
  def __init__(self, subj, doc, sheet):
    self.subj = subj  
    self.args = doc, sheet

  def mousePressed(self, mouseevent):
    doc, sheet = self.args
    if mouseevent.Buttons==MouseButton.LEFT:  
      if mouseevent.ClickCount==2:  #
        target = doc.getCurrentSelection()
        if target.supportsService("com.sun.star.sheet.SheetCell"):
          address = target.getCellAddress()
          Row = address.Row
          Column = address.Column
          #msg =  str(Row) + '   ' + str(Column) 
          #ui.Print(msg)
          cell = sheet.getCellByPosition(Column, Row)
          cell.CellBackColor = 0xff0000
    return False

  def mouseReleased(self, mouseevent):
    return False 

def createDialog():
#ダイアログの登録
  ctx = XSCRIPTCONTEXT.getComponentContext()
  smgr = ctx.getServiceManager()
  dp = smgr.createInstanceWithContext("com.sun.star.awt.DialogProvider", ctx)
#シートの登録
  doc = XSCRIPTCONTEXT.getDocument()
  ctrl = doc.getCurrentController()
  sheet = doc.Sheets[0]

#エヴェント監視
  mouseclickhandler = MouseClickHandler(ctrl, doc, sheet)
  ctrl.addMouseClickHandler(mouseclickhandler)  # EnhancedMouseClickHandler

「左マウスのダブルクリックか」や「マウスがセル上にあるか」の判定は再定義したmousePressedメソッドの先頭で行っている。このマクロはCalcが起動しシート画面が出た時点で起動できる(プルダウンメニュ「ツール」->「カスタマイズ」と行き、イヴェント一覧から「文書を開いたとき」を選び当該マクロとを繋ぐ)。

なお、この作例を作るにあたってはここが参考になった。

Pythonでマクロ(9):Sheetのイヴェントを処理する

LibreOfficeのCalcのシートで発生するイヴェントには様々なものがあるが、ここではその一つである「セルをマウスでダブルクリック」で起こるイヴェントを処理してみる。

意図したことは「シート上の任意のセルをマウスでダブルクリックするとそのセルの背景色が赤に変わる」である。

【準備】
Calcのシート名を右マウスでクリックすると設定メニュが出る。その一つの「シートイベント」を選択する。イベントの種類を対応するイヴェント処理マクロを繋げる表のなかで「マウスでダブルクリック」を選択。マクロ欄で対応するマクロ名を選択する。

【マクロ】


#coding: utf-8
import uno
import screen_io as ui

doc = XSCRIPTCONTEXT.getDocument()
sheet = doc.Sheets[0]
#
def OnDoubleClicked(event):
  CellAddress = event.getCellAddress()
  Row = CellAddress.Row
  Column = CellAddress.Column
  msg =  str(Row) + '   ' + str(Column) 
  cell = sheet.getCellByPosition(Column, Row)
  cell.CellBackColor = 0xff0000
  ui.Print(msg)
  return

 

Pythonでマクロ(8):チェックボックスを使ってみる

チェックボックスは多数の選択肢がありそれから複数を選択するコントロールである。よくアンケートなどで見かけるもの。フォームのコントロールにもチェックボックスがあるので使ってみた。多数の選択肢をきれいに配置することに手数がかかる。この点はフォームを使わずにCalc画面で直接コントロールを配置する方が楽である。フォームのよいところは細かな制御ができることである。今回は8個のチェックボックス、2個のボタンをフォームに配置した。

【フォームの画像】

チェックボックスの一例

ボタン「確認」は選択した結果をシートへ反映されるため、ボタン「リセット」は選択した結果を廃棄し無選択の状態にするためのものである。

【マクロ】


#coding: utf-8
import uno
import screen_io as ui
import unohelper
from com.sun.star.awt import XActionListener

class FinishedListener(unohelper.Base, XActionListener):
  def __init__(self, ckbxs, sheet):
    self.ckbxs = ckbxs
  def actionPerformed(self, evnt):
    for ckbx in self.ckbxs:
      print(ckbx.State)

class ResetListener(unohelper.Base, XActionListener):
  def __init__(self, ckbxs):
    self.ckbxs = ckbxs
  def actionPerformed(self, evnt):
    for ckbx in self.ckbxs:
      ckbx.State=0

def createDialog():
  ctx = XSCRIPTCONTEXT.getComponentContext()
  smgr = ctx.getServiceManager()
  dp = smgr.createInstanceWithContext("com.sun.star.awt.DialogProvider", ctx)
  dialog = dp.createDialog("vnd.sun.star.script:Standard.Dialog4?location=application")
  sheet = 0
#コントロールの登録
  cmdbtn1 = dialog.getControl("CommandButton1") 
  cmdbtn2 = dialog.getControl("CommandButton2")
  ckbx1 = dialog.getControl("CheckBox1")
  ckbx2 = dialog.getControl("CheckBox2")
  ckbx3 = dialog.getControl("CheckBox3")
  ckbx4 = dialog.getControl("CheckBox4")
  ckbx5 = dialog.getControl("CheckBox5")
  ckbx6 = dialog.getControl("CheckBox6")
  ckbx7 = dialog.getControl("CheckBox7")
  ckbx8 = dialog.getControl("CheckBox8")
  ckbxs = (ckbx1, ckbx2, ckbx3, ckbx4, ckbx5, ckbx6, ckbx7, ckbx8)
#エヴェント監視(ボタンが押されたとき)
  btn1_listener = FinishedListener(ckbxs, sheet)
  cmdbtn1.addActionListener(btn1_listener)
  btn2_listener = ResetListener(ckbxs)
  cmdbtn2.addActionListener(btn2_listener)
  dialog.execute()
  dialog.dispose()

 

Pythonでマクロ(7):誕生日の入力を日付フィールドを使って

フォームのコントロールに日付フィールドというものがある。形式に従って日付けを入力すると年、月、日に自動的に分解しくれる。

作例では誕生日を入力して<Enter>キーを入力すると入力の終わりを意味し結果はCalcのシートに表示される。

【入力フォーム】

作例の入力フォーム

【マクロ】


#coding: utf-8
import uno
import screen_io as ui
import unohelper
from com.sun.star.awt import XKeyListener

class MyKeyListener(unohelper.Base, XKeyListener):
  def __init__(self, sheet, datef1):
    self.sheet = sheet
    self.datef1 = datef1
    self.row = 0
  def keyPressed( self,  event ):
    k = event.KeyCode
    c = event.KeyChar.value 
    mods = event.Modifiers
    # mods are additive
    # 0 - None
    # 1 - Shift
    # 2 - Ctrl
    # 4 - Alt
    # 8 - Super_R
    print(k, c, mods)
    if k == 1280:  #Enterキー
      #print(self.datef1.IsDate)
      year = self.datef1.Date.Year
      month = self.datef1.Date.Month
      day = self.datef1.Date.Day
      #表への書き出し
      self.row+=1
      print(self.row)
      print(year, month, day)
      self.sheet.getCellByPosition(0,self.row).Value=year
      self.sheet.getCellByPosition(1,self.row).Value=month
      self.sheet.getCellByPosition(2,self.row).Value=day

def createDialog():
  ctx = XSCRIPTCONTEXT.getComponentContext()
  smgr = ctx.getServiceManager()
  dp = smgr.createInstanceWithContext("com.sun.star.awt.DialogProvider", ctx)
  dialog = dp.createDialog("vnd.sun.star.script:Standard.Dialog3?location=application")
#表
  doc = XSCRIPTCONTEXT.getDocument()
  sheet = doc.Sheets[0]
#コントロールの登録
  datef1 =  dialog.getControl("DateField1")
#エヴェント監視(Enterキーを検出)
  datef1_listener = MyKeyListener(sheet, datef1)
  datef1.addKeyListener(datef1_listener)
  dialog.execute()
  dialog.dispose()
  • <Enter>キーの入力はイヴェントとして発生する。このイヴェントは keyPressedメッソドで処理される。このメソッドは親クラスXKeyListenerで定義されているのでクラスMyKeyListenerではそれを継承し再定義している。
  • このキー・イヴェントは全てのキー入力で起こる。eventの属性Kcodeの値を調べ<Enter>キーを取り出す。
  • 日付フィールドの属性、Date.Year、Date.Month、Date.Dayから入力した年、、月、日が得られる。
  • このマクロではダイアログとCalcのシートを同時に使っている。

Pythonでマクロ(6):ラジオボタンを使う

「ラジオボタン」というコントロールがある(libreOfficeではオプションボタンと呼んでいる)。名前の由来は古いラジオには選局用のボタンが複数付いており、選局はそのボタンの一つを押すとその局の放送が聞けるようになっていた。当然他の局のボタンはオフの状態になる。つまり複数のボタンの一つをオンにするとその他のボタンは自動的にオフになるような複数のボタンがラジオボタンである。

【配置】今回は「ラジオボタン」を三つ、普通の「ボタン」を一つ、そして「テキストボックス」を一つ配置する。詳細は省くがこのままでは三つの「ラジオボックス」はそれぞれ独立して動く。この三つの「ラジオボックス」をコントロールの一つである「グループボックス」で囲ってやると、この三つは連動して動く。

ラジオボタンを含むダイアログ (三つのラジオボタンを囲むグループボックスが微かに見える)

【マクロ】このダイアログの意図していることは「ラジオボタンの一つを選択し、「確認」ボタンを押すと選択したボタンのラベルが表示される」である。

試作したマクロを示す:


#coding: utf-8
import uno
import screen_io as ui
import unohelper
from com.sun.star.awt import XActionListener

class MyActionListener(unohelper.Base, XActionListener):
  def __init__(self, rbtns, langs):
    self.rbtns = rbtns
    self.langs = langs
  def actionPerformed(self, evnt):
    for i, rbtn in enumerate(self.rbtns):
      if rbtn.State:
        print(self.langs[i])
        msg = 'やっぱり'+self.langs[i] + 'ですね'
        ui.Print(msg)

def createDialog():
  ctx = XSCRIPTCONTEXT.getComponentContext()
  smgr = ctx.getServiceManager()
  dp = smgr.createInstanceWithContext("com.sun.star.awt.DialogProvider", ctx)
  dialog = dp.createDialog("vnd.sun.star.script:Standard.Dialog1?location=application")
#コントロールの登録
  rbtn1 =  dialog.getControl("radioButton1")
  rbtn2 =  dialog.getControl("radioButton2")
  rbtn3 =  dialog.getControl("radioButton3")
  rbtns =[rbtn1, rbtn2, rbtn3]
  langs = ['Python', 'Java', 'Perl']
  cmdbtn1 = dialog.getControl("commandButton1") 
#エヴェント監視(ボタンが押されたとき)
  btn1_listener = MyActionListener(rbtns, langs)
  cmdbtn1.addActionListener(btn1_listener)
  dialog.execute()
  dialog.dispose()

各ラジオボタンのオン。オフの状態は各ボタンの属性Stateの値で判定できる。

 

Pythonでマクロ(5):コントロールを制御する

Pythonでマクロ(4):ダイアログ(フォーム)の配置で配置したダイアログ上にある部品(コントロール)を制御する。

このダイアログには「テキストボックス」と「ボタン」の二つのコントロールが配置されている。

このダイアログの意図していることは
『ユーザが「テキストボックス」に語句を入力し、「ボタン」をクリックするとこの語句が別の窓に表示される』という簡単なものである。
マクロは以下のようになる:


#coding: utf-8
import uno
import screen_io as ui
import unohelper
from com.sun.star.awt import XActionListener

class MyActionListener(unohelper.Base, XActionListener):
  def __init__(self, ctrl):
    self.ctrl = ctrl
  def actionPerformed(self, evnt):
    ui.Print(self.ctrl.Text)

def createDialog():
  ctx = XSCRIPTCONTEXT.getComponentContext()
  smgr = ctx.getServiceManager()
  dp = smgr.createInstanceWithContext("com.sun.star.awt.DialogProvider", ctx)
  dialog = dp.createDialog("vnd.sun.star.script:Standard.Dialog2?location=application")
#コントロールの登録
  txtf1 =  dialog.getControl("TextField1")
  cmdbtn1 = dialog.getControl("CommandButton1") 
#エヴェント監視(ボタンが押されたとき)
  btn1_listener = MyActionListener(txtf1)
  cmdbtn1.addActionListener(btn1_listener)
  dialog.execute()
  dialog.dispose()

ダイアログ自体の登録は以前紹介したマクロと同じである。新たに登録したものはテキストボックス(名称:TextField1)とボタン(名称:CommandButtam1)の二つのコントロールである。

クラスMyActionListenerは親クラスunohelper.Baseと XActionListenerを継承している。。この新たなクラスは親クラスXActionListenerで定義されているメソッドactionPerformedを再定義するためのものである。メソッドactionPerformedはコントロール(今の場合はボタン)をマウスの左ボタンでクリックしたときのイヴェントを処理するメソッドである。コントロール「ボタン」で起こり得るイヴェントはこれ以外にも沢山ある(15個)。例えばmouseEntered 。これはマウスがそのコントロールに入ったときのイヴェントで、親クラスはXMouseListenerである。詳細はここで。

メソッドactionPerformedではクラスMyActionListenerのインスタンスbtn1_listenerの引数として渡されたコントロールtxtf1の属性Textの中身をPrint文で表示する。各コントロールが持つ属性の詳細はここで。

 

 

Pythonでマクロ(4):ダイアログ(フォーム)の配置

作成したダイアログ(フォーム)をLibreOffice:Calcのシート画面上に配置するだけのマクロである。

【ダイアログの作成】

シート画面のプロダウンメニュ「ツール」->「ダイアログの管理」と進む。管理画面で配置ツリーから「マイダイアログ」-> 「Standard」と進み、それをクリックすると連番号のダイアログ名(今はDialog2)が現れる。「新規作成」のボタンを選ぶとマッサラなダイアログ画面がでる。

この画面にいろんな部品(コントロールと呼ぶ)を配置する。

作例では「テキストボックス」(名称:TextField1)と「ボタン」(名称:CommandButtom1)を配置した。プレブーで実際のダイアログの画面が現れるのでする。作例の画面を示す:

上のコントロールが「テキストボックス」で、下のコントロールが「ボタン」である。このダイアログはユーザが「テキストボックス」に字句を入力して「ボタン」を押すとその字句がプログラムで使える(例えばその字句をCalcの表に表示する)。

【配置】

このダイアログをCalcのシート上に配置するマクロを作ってみる。マクロの全体は以下のようになる:


#coding: utf-8

import uno
import unohelper

def dialog_example(*args):
     ctx = XSCRIPTCONTEXT.getComponentContext()
     smgr = ctx.getServiceManager()
     dp = smgr.createInstanceWithContext("com.sun.star.awt.DialogProvider", ctx)
     dialog = dp.createDialog("vnd.sun.star.script:Standard.Dialog2?location=application")
     dialog.execute()
     dialog.dispose()

Basicのマクロ記述に比較すると結構複雑な記述になる。Transfer from Basic to Pythonに詳しい説明がある。

泥縄窯(どろなわかま):名前が面白い

今朝の新聞の「ひと」欄には、タイトルのような面白い名前の窯で焼しめで陶器を作っている中島浩文さんが紹介されていた。

陶器の町佐賀県武雄(たけお)市でその泥縄窯の窯元として釉薬(うわくすり)を使わない焼し締めという方法で陶器を製作している。焼き締めの面白さは「窯を開いたときに、思いかけないものができていることがある」と語っている。