The Pencil of Nature:世界最初のフォトブック

“The Photobook: A History”(Martin Parr and Gerry Badger)という厚めの本がある。フォトブックの歴史を詳述したものである。その冒頭に出てくるのが”The Pencil of Nature”である。「自然によるスケッチ」とでも訳されるタイトルの写真集である。

この本は写真が挿絵に使われて出版された世界最初の本で、著者は W. H. F. タルボット(William Henry Fox Talbot )である。1844年から1846年にかけて6分冊としてロンドンで出版された。フランスのニセフォール・エスプリが世界最初の写真を撮った1827年から約20年後のことである。

この本ではタルボットが開発したカロタイプ(ヨウ化銀による撮像法)の詳しい説明があり計24枚の写真が手貼りされている。この本は写真の歴史の上で画期的なものでこの本の出版は「本の芸術」上、グーテンベルグの活字の発明以来の画期的な出来事である。

当時は一般の人たちには写真は馴染みがなかったのでタルボットはこんな注を入れている:
この本に挿入されている画像は芸術家のペンのような助けを一切なしに光の作用だけで作られたものである。それらは太陽が画家となつた絵で、誤解する人がいるかもしていないが、何かを模倣したエッチングではない。

この本は分冊毎に販売された。タルボットは続分冊の出版を計画していたようだが、本は商業的には不成功で、計画は6分冊で終わってしまった。

以下画像を紹介する。

この本の表紙

挿入されている写真

この写真は写真芸術の潜在的な可能性を示すためにタルボットが選んだという。

シリーズ中唯一人物が映っている写真。露出時間を長くしないと作品にならなかったことが理由の由。

“The Photobook: A History”によれば”Photographs of British Algas: Cyanotype Impression” ( Anna Atkins)が1843年と年代ではタルボットの作品より古いがこちらは個人的な範囲に配布されたパンフレットに近く、フォトブックとしてはタルボットのThe Pencil of Natureが世界最初のものである。

スクエア・フォーマット(6×6)に纏わる話題

フィルムカメラの世界では35ミリ版(24X36ミリ)が一般的な画角である。ライカが最初にシネサイズの18×24ミリ判の2コマ分を1コマとして使ったことに由来する。小型カメラの画角はこれが標準で、僅かにその半分を使った画角がその変種である。このハーフ・サイズのカメラとしてはオリンパス・ペンが有名である。変わったところではソ連製のアガート18Kといったものもある。

ソ連製のカメラ、左がアガート18K

ブローニー・フィルム(幅6センチのロールフィルム)を使った所謂中版カメラではもっと自由度がありさまざまな画角が使われてる。6X4.5センチ版、6X6センチ版、6×7センチ版、6X8センチ版、6×9センチ版がある。6X4.5センチ版は35ミリカメラから中版カメラに移行した写真愛好者が使っていた。筆者もマミヤ645プロTLでこの版を使ったことがある。6×7センチ版も使ったことがある。カメラはマミヤプレス スーパー23で1967年製の古いカメラであった。

マミヤプレス スーパー23

表題の「スクエア・フォーマット」は6X6センチ版のことである。スウェーデン製のハッセルブラッドがこのスクエア・フォーマットの専用機として有名である。ドイツのローライSL66も専用機である。

ディジタルカメラになるとこの画角はアスペクト比(縦・横比)と表現される。一台のカメラでさまざまなアスペクト比が設定できるようになっている。筆者の使っているソニーRX10M4では3 : 2(アスペクト比1.5)、4 : 3(アスペクト比1.3)、16 : 9アスペクト比1.7)そして1:1(アスペクト比1.0)の画角が使える。3 : 2は伝統的な35ミリフィルムカメラのアスペクト比である。一方、このカメラの撮像素子は1.0型(13.2mm x 8.8mm) であり、アスペクト比は3:2であることに注意する必要がある。アスペクト比3:2以外で設定できるアスペクト比はソフト的にできるということである。

スクエア・フォーマットが面白い。最近はこのフォーマットで写真を撮っている。その一端はここにある。

パノラマ風写真展:「スクエア・フォーマット(6×6)の世界」

きれいなパノラマ風景を背景にして写真をみる試みです。

  • 画面左上の「正方形」をクリックすると全画面表示になります
  • 画面上でマウスでドラックするとその方向に回転する。
  • 画面上の「矢印」はパノラマシーンの切り替え、「info」は展示写真へ、クリックすると実行される。
  • マウスをマークの上の置くと「吹き出し」の説明がでる。

世界最大のディジタル・カメラ

通常のディジタル・カメラの撮像素子の大きさは大きくても35mmフィルム一コマ(35mmX24mm)の大きさだが、このディジタル・カメラの撮像素子の大きさは実に400mmX400mmの大きさがある。画像はここ

このカメラは天体望遠鏡のために特別に製作されたものである。これはPanoramic Survey Telescope and Rapid Response System (Pan-STARRS)と呼ばれたプロジェクトで三台の望遠鏡のために使う。このプロジェクトは地球に接近してくる小惑星を探すもので、定期的(月に三回)に全天をサーベイして移動天体を見つける。この計画では従来の検出限界の100倍も暗い小惑星を検出するとしていて直径300mより大きな小惑星が検出できるとしている。